檜原村における薪エネルギー利用の取り組み

檜原村では、これまで活用されていなかった村内の森林資源をエネルギー利用し、二酸化炭素の排出量を削減することを目標として、木質バイオマスの利活用の取り組みを推進しています。

村内の山に眠る伐捨て間伐材などを薪燃料として利用するため、原木の買い取りと薪燃料製造を進め、「檜原温泉センター数馬の湯」に薪ボイラーを導入して灯油の代わりに薪を使って二酸化炭素の排出量を削減しています。(外部リンク)